FC2ブログ

天の岩戸の「花見茶屋」

2008年03月30日
 そろそろ天の岩戸の桜が見ごろでは?と花見に出かけました。

伊勢道路沿いの神路ダム近くに入口あり

 「ん?」なにやら様子がおかしいんです。
車も何台か止まっています。
早朝からイベントの準備中。(゜゜)10時からですから1時間も待てないわ!


 今日は年に1度の「花見茶屋」が開かれる日だったのです。
樹齢「?百年」の桜を見ながらのお茶会です。志摩市の天然記念物に指定されている「オオシマザクラ」

 株の根元で、自然の寄せ植えをみつけました。
野草の脇役としてスミレの花も自己主張しています。

 絵描きさんもキャンバス片手に畦の隅っこで画題の「桜」に没頭中。
田んぼの水面に写る桜も風情がありますが、あいにくの曇り空…残念

 昔はこの桜の横を通り、山道を登り伊勢に出たそうです。
その峠に茶屋があったそうな。

 我が家にはその茶屋が移築されて…
離れとして使っていたそうです。歴史のある離れだったんですね
 今は、ひっそりと役目を終えてたたずんでいます。




スポンサーサイト

2008年03月28日
 公民館の陶芸教室で作った鉢にいつからか割れひびが入っています。

 先日、簡単な補修作業しました。
前回は針金で補修したが…
(釜の関係で背の高い作品は作れなかったので上下2つに分けて焼きました)

今回は複雑なひび割れなので思い出のつまっただいじな鉢
ナイロン紐で「ギュッ」と、きつく、きつく、くくった。

見た目は悪いのですがセラスチューム
花が大きく「コンモリ」と茂ってくると紐は隠れてしまいます。

あと、2つお気に入り見てくれますか。
アートフラワーで得た立体感が隠し味です…?
ブドウの植木鉢ブドウ

バラの菓子鉢
 偶然にもフタを回すと外れなくなるセキュリティ付きの超傑作品!
 …ですが、菓子鉢どこへいったのか?

 去年まであったはずなのに行方知れず
  探さなくては

セミのぬけがら

2008年03月27日
 今日は朝から草引きをする。

土をいじっていると花粉が舞いあがっているのが匂いでわかる。
目もかゆくなるが、やりかけたら止まらないのである

「ん?」…トントンで草を引いていると
セミのぬけがらが1つ(・・?

いたみもせず草の中に隠れていたのです。
自分の役割を終え土にかえる途中だったのでしょうか。
「ゴメンしてな!」仲間は?


 年とってからも「ぬけがら」にならないように!
 息子に迷惑かけないように!
 いっぱい、いっぱい趣味を作っておこうっと



 上の畑の「ジャンボ トマメ」花もジャンボ級
ああ、早く食べたい…待ち遠しいよ~。


ちょっと目の休養に (^_^)/~

癒しの花!花!花!

2008年03月26日
 春を一番感じさせてくれるヒヤシンス&ムスカリ!ヒヤシンス&ムスカリ


オキザリスは風にも負けずと肩組み合って!ワッショイ!ワッショイ!


花桃の開花も、もうすぐです!花桃のつぼみ

 今は亡き知人からいただいた花桃の苗…
いっしょに陶芸教室で習ったこと、楽しかったこと思い出します。

 2年ほど前に買った飯高の道の駅で買ったバイモユリ(貝母百合)。
忘れた頃に花を咲かせてくれました。フリチラリアの仲間らしい
 =花言葉は「威厳」=

いまだ、芽が出ず!

2008年03月25日
 予定通り3回に分けて蒔いたフランネルフラワー。(2/21&3/2&3/14)

「いまだ、芽が出ず」

芽が出るのには、1ヶ月はかかると耳にしていましたが
待ちきれずに土の中をさぐってみました。

ペラペラで実の入っていない種、
芯が硬くて
希望の持てる種もあります。

 「早く芽が出ろ!チチンプイのプイ!


最後の一鉢になってしまったフランネル。
いとしの愛しのフランネル…
去年からの花も

 今年も大きな花が見られるでしょうか…
 イヤイヤ!
 大きな大きな花を咲かせるゾー!

種蒔き、肥料食いの時期到来!

2008年03月23日
甘い甘いトウモロコシの種植えました。

箱植え・地植え・ポット植え。
思ったよりたくさんの種が入っていて「ニンマリ(^・^)」

 フランネルも1週間ほど前に3回目蒔いてあります。

 種蒔きの時期到来です。
畑も耕運機で土をおこし準備中。

ニンニクも肥料を欲しがっています。
成長期に入って元気モリモリ!急に大きく成長す!


スナックエンドウも木陰になるけど苗を植える。
おいしいもんね塩茹で…おいしんだよね

スイートピーの隣に植えることにした。

 野菜も花も関係ないのである!
植えたいと思ったらどこでもおかまいなしである。

ですから、自由奔放な庭になってしまうのです



サルが…洗米が…

2008年03月22日
 今日は、実家の両親と墓参りへ。
高台にある墓地は景色が良くスペイン村も遠くに見えます。

スペイン村がすぐそこに!

「サルが、サルが!」の大声のほうを見ると大きな、大きな一頭のサルが
悠々と洗米を食べているではありませんか

カラスも木の枝に黒い花が咲いたように止まっています。
まだお参りに来る人が多かったので平気でしたが1人では危ないようです。
気をつけなくては!

最近、穂落宮(ほおとしみや)に2頭のサルが住み着いたと聞きました。
こんなところまで…と「怖い!怖い!」




 実家の庭も花盛り。

藤棚は満開になるとみごとなものです。階段から屋上まで続いています

ブロック小屋の屋上の手すりに6mくらい巻きついているのです。
木蓮は今が見ごろ!もくれん

ドラゴンフルーツ苗届いたよ!

2008年03月20日
 古謝農園からドラゴンの苗届きました。
待ちに待った苗です。開けてびっくり!古謝農園からの宅配便

ん~!太い(@_@;)太い所で一辺の幅が8cmあります

私のドラゴンとは比べものにならないくらい太いんです。
やっぱり本場物は違うんだ

ピンク・白・赤と3種類の苗。
古謝農園の苗はすべて自家親和性の品種なので単独でも着果するそうです。

ただ問題なのが冬越し。
我が家で冬を越したのは2苗だけ。いや、1苗かも…。

実のなるのは1年後だから、どうなることやら…
 それがまた楽しみである!(^^)!

梅紀行「おもいのまま」

2008年03月17日
 あちら、こちらで梅・桜の満開情報が聞かれるようになってきましたね。

 めずらしい梅の花情報です。
「おもいのまま」…知人宅の梅の品種名です。
「おもいのまま」
一本の木に白い花、紅い花をつける存在感のある梅。
接木でない証に…ここにも紅白入り乱れ
毎年、紅い花の咲く枝が違うそうだ。

今年はいつになく華やかに!紅い花が多いそうです。淡い口紅のように


 梅栽培を始めた頃、実のなる梅の苗木の中に
「おもいのまま」が紛れ込んでいたそうな。

先人より受け継がれし梅の木。
癒しの木として、いつくしみ育まれて成長してきたのですね。
近所の家の「おもいのまま」


 神出鬼没の紅い花をつけ、
この木の一生を「おもいのまま」に生き抜くのでしょう。

なんと、うらやましくも…
イヤイヤあやかりたいものだ。"^_^"

まんが喫茶「まんてん」

2008年03月15日
 イソベの町にも、まんが喫茶できました。
夜はきれいな星がまんてんに…

 その名も「まんてん」ここをまっすぐに


国道から「チラッ」と見えますが、
少し奥まったかくれ家的な静かな所です。

ふんだんに使った木は店主家族が、きれいに皮をはいだものです。
5~6mはあるでしょうか…一度おい出ませ。(^o^)/

日当たりのいい一等地で昼寝するのにもってこいだよ~。

まんが読んだり、昼寝したり、軽食とったりと、
ゆっくり、リフレッシュの日にしてみては?天然木の店内


まだ、夜は行ってないのですが
昼間とは雰囲気が「ガラッ」と変わるのでしょうね。パソコンもどうぞ!


お待ちしてま~す\(^o^)/

ノボタンふたたび

2008年03月14日
 枯らしてしまったノボタン。
枝を仕立てるのが目的ですから小さい苗でいいのです。「ほしい!」

 園芸店にあったんですよ。
ずーっと隅っこに頓挫して蕾をつけていました。

もっと小さくても良かったのですが贅沢言えません。
即、購入。あの草姿よ、ふたたび!

いっぱい、いっぱい芽を伸ばし、
しだれ桜のようにどこから見ても満開にしてみせるぞ?

乞うご期待!m(__)m

特等席は玄関の中

2008年03月13日
 パッションフルーツは日光の一番あたる一等地の玄関います。

冬の間はつるに元気がなく成長も止まったままでしたが
最近は成長が早くなったようです。
1月と2月の違いわかりますか?

右上が成長が止まっている1月頃。
 そして、
現在は勢いが出てきて「つるがダンスしている!」ように元気!元気!(*^^)v

もっともっと成長したら鉢を替える?
地に植えたら冬越せないし思案のしどころ…。

 皆さんはどうしていますか?
いい案あったら教えてくださ~い!

車内では…

2008年03月11日
 今朝の通勤電車には、3人連れのお嬢さんたちが乗車。

にぎやか、にぎやか!
声がドンドン大きくなります。 

見渡せば、右も左もコンパクト片手に目の化粧。
パンダの目にならないようにね。

「あっ!なってるわ


 「帰りもすごい!」 
学生、学生、学生。
ペチャ、クチャ!ペチャ、クチャ!ムシャムシャ!

こんな時もあったのか…と、
子守唄と思うことにしイネムリする。(-_-)zzz

かくいう私も、1人だと静かなのですが。
適応力があるというか、連れがいると…。

女三人よるとかしましいんですよね。

ドラゴンフルーツ冬越しは50%?

2008年03月10日
 暖かくなって喜んでいるのは、南国の果物たち。

ドラゴンフルーツもその仲間ですが、
残念なことに全部生き残ることはできませんでした。
左の一本は水ぶくれ状態・中央には新芽が出てる苗も
ダンボールに入れて外(屋根あり)に
出してあった鉢のドラゴンは水ぶくれのようにブヨブヨ(^_^;)
でも一本だけは新芽らしきものを見つけ、「ああ、この地方でも冬越しできたんだ」と…!。


洗濯場で床はコンクリートですが左の1本は水分が何にもない干からびた状態
一応家の中に置いてあった鉢です。
一本はペラペラ状態でお辞儀してしまっています。

両鉢とも、なぜか赤だけに余力があるようです。

 白とピンク早く購入しなくっちゃ
 今年の冬は絶対、ビニールハウス…温室が欲しい

フランネル一鉢が…残念無念!

2008年03月08日
 先日、フランネルの状態が悪いので鉢を替えたんです。

その時「ん?」と思ったんですよね。8ヶ月も経っているんですよ

購入したときのまま(黒ポットの形)で根が張っていなかったのです。

去年7月に買ったのですから8ヶ月も経ってきます。
…おかしいですねぇ…。

フランネルは育て方が難しいと聞いていたので、
植え替えるときも根をほぐさずに「コワゴワ」植えたのです。

 幸いなことに2鉢は今のところ元気です。残念なことに下のフランネルは枯れました

こちらのフランネルは弱々しい根ですが出ていたのです。
細くて糸のような根で、かろうじて土を抱かえていました。"^_^"

枯れた原因は、根をほぐさなかったので、
新しい根の出る空間がなかったからなの…?



[糖度18]の種

2008年03月06日
 糖度18の種、買いました。
ハチミツのように甘い!のキャッチフレーズに誘惑されて。

 小さい頃食べたあの味がほっぺたが落ちるくらい甘いの?

未だに忘れられないのです

「甘くて、甘くて、ほっぺたが
丸くなって落ちそうなくらい、うまかったトウモロコシ」

いっしょに茹でたササゲもうまかったなぁ(●^o^●)

 いつまでも、いつまでも…消えない記憶です。

 「期待を込めて、だいじに、だいじに育てよう」っと

只今、カメラ初心者

2008年03月05日
 カメラにハマってしまう気持ち分かる気がします。

偶然にも撮った写真が、
思ってもみなかった構図で撮れていたり
逆光で撮ったら意外と…

アップにして、シワシワまで写してしまう。

弱点をひきだし、いかに満点に近づけるか
こういう、何か作りだすって、大好き!

 人生半ばもすぎ、下り坂の真っ只中。
「未だ夢は捨てきれず!」

「フツフツ」と泡の如く、次から次へ…

しらうお漁

2008年03月04日
 昔からのしらうお漁が始まっています。
吸い物、おどり喰い、しらうおご飯などで食するあの魚です。

特注の網を川につけ、右の板は、水の流れを止めるのに必要

しらうおが泳いでくるのを待って引き上げるのです。

気の短い人はダメ!根気が必要です。
やってみると面白いんでしょうね
常連さんは、毎年この時期を楽しみにしているようです。

日が早くかげってくるこちらの川では(水かさも増していますね)
もう終了しています。余り餌を狙ってサギも…

今日の成果はいかがなもので?



 「うなぎの稚魚はシラス?」
何十年か前はシラス漁もよく耳にしました。

たしか…夜、カンテラを船から照らし3~4センチ位の稚魚を網ですくいます。
川ではなくもう少し足を延ばし伊雑の浦まで船を出していました。

「クネクネ、クネクネ」と。
やっぱりウナギの子や。

これがまた高く売れたそうです。
あの頃は!

それだけとるのが難しかったんでしょう









フランネルフラワーとブルースターの種蒔き

2008年03月03日
 昨日、2回目のフランネルフラワーの種まきました。
ブルースターの種もまいておこうっと。

 久しぶりに草引きと枯枝の剪定を行う。
草の勢いに負けています。草よ、あなたは強いな!
「頑張らんかい!」花に「カツ」を入れながら…。

見つけました
セラスチュームの小さな苗を。4箇所から芽が…うれしい!

草の間にかくれています。根っこが残っていたんでしょう。

思いもよらなかったところで見つけるのはうれしいものです。

ルピナスもあちこちから芽を出しています。
(やせて極小なので花が咲くかな?)
砕石の中にも…種を落としてしまったのだろうか。強いんだよ、ルピナスって


ヒヤシンス、おだまき、ムスカリ
どこに何を植えたのやら…。土の中は、とっくに春
そのうち、ジャングルへと変貌するのか。

こごみは、かたい茶色のコートをかき分け芽吹き始めています。
ああ、早く食べたいなぁ


 冬の間に枯れてしまったポインセチア、ノボタン。
枯れてしまった部分だけ切って残しておこう


セラスチュームは多年草

2008年03月01日
 セラスチュームの育て方で訪ねてくださった方、これから植えられる方
参考になればと思います。

 5~6年前になりますか、
園芸のカタログを見て「これだっ!」と、思い通販でセラスチュームの種を購入しました。

たくさんの苗が育ち、春には可愛いくて白い花が満開。 >^_^<
見ごたえ十分。シルバーリーフの葉だけでも楽しめます。

てっきり1年草だと思い、枯れた枝を引いてしまったのです
暖かくなる春先でしたか…
引き忘れた枯れ枝から芽が元気に顔を出し始めていました。

花が終わり、日ざしのきつい夏になってくると見るも無残な姿に変貌です。
(細い枯れ枝がからまるように地をはいます)

ここで「グッ!」と、我慢してみて見ぬふり

 暑いのは大の苦手。
長野で見たセラスチュームは雑草のようにたくましく育っていましたよ。

 また、うれしいことに挿し木でも増やせます。
細い枝ですから4~5本まとめて挿したほうがいいですね。

やせた所でもOKですが、肥料を与えると「モリモリ」と肉付きがよくなります。

挿し木しては、枯らし、挿し木する…。
それが現在の株に至ったのです。茶色の枝から新芽の顔が見え隠れ…





 | HOME |